2006年02月26日

この日微笑むために

古館伊知郎なら「お〜っと、氷上の一人マトリックスだぁ〜ッ」と絶叫したかもしれない。

現在の採点方式では直接の得点とはならない。にもかかわらず敢えて繰り出すからこそ輝きを放つイナバウアー。札幌のジャネット・リンと同じくらい、トリノの荒川静香は歴史に名前を残すんじゃないかな。

無表情な演技をとやかく言われた時期もあったらしい。2004年の世界選手権で優勝したときには最後のスピンで歯を食いしばっていた。トリノではスピンの途中で押さえ切れない微笑みが満面に浮かんでいた。この日微笑むために神様が封印してきたのだらう。

しかも圧倒的な表現力の裏側には緻密に計算された“勝利の方程式”があった。

→テキスト版

posted by ikuboh at 22:13| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

美、そのもの

荒川静香のイナバウアー…。

良かったですねぇ。トカチェフ以来のマイヒットです。
何度ビデオを観返したことか。

posted by ikuboh at 11:52| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

女子トイレは2Fです

とあるビルの1Fに男子トイレがある。

出入り口の扉には目の高さに「女子トイレは2Fです」と貼り紙してある。利用するたびに「女子トイレ」の文字に一瞬ギクリとする。

「熱いッ」と言いながら氷を肌に押し付けられたようなものだ。
人間は氷でヤケドすることがある。

posted by ikuboh at 22:35| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

インターネット図書館 青空文庫

インターネット図書館 青空文庫」を入手しました。

文学辞書をインストールする気分でPCにコピー。

posted by ikuboh at 17:28| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

謎の12時台

わたしの目覚まし時計は12時間制表示しかできない。

24時間制の12:34を「午後12:34」と表示する。では13:56はどうかというと「午後1:56」である。理屈に合わない。12:34は「午後0:34」とすべきではないのか。

こういう電化製品は他にもある。謎の12時台と出会うたび脳味噌が混乱する。

12時間制というやつは、午前と午後を間違えると痛い目に会う。慎重に慎重を重ねてアラームをセットしたら、そもそも時計のほうが午前と午後が逆になっていたこともある。

posted by ikuboh at 02:00| 日記 | 更新情報をチェックする