2006年05月28日

電子的な袋ファイルとしてのブログ

ブログが流行しはじめた頃には、その有用性に疑問を持っていた。しかし五ヶ月以上にわたって利用してみた結果、電子的な個人情報管理ツールとして実に面白いシステムであるという感想に変わった。
  • データ形式がほぼ世界標準である。(MovableType形式)
  • インターネット上にデータを保管するので、個人が手元で端末や媒体を管理する手間がいらない。もちろんデータをエクスポートして手元にバックアップをとることもできる。ローカル環境でのビューワや投稿ツールも整備されつつあるようだ。
  • 地球上のどこにいても同じデータを閲覧したり更新したりできる。
  • 携帯電話からメールで手軽に投稿できる。テキストの投稿だけなら一回あたり数円単位の小額で済む。
  • 画像、動画、PDFをアップロードし、記事本文からリンクできる。
  • 個人的なアイデアメモとして利用する場合、コメント機能を「追記」として利用できる。
  • もちろん全文検索による探索が可能である。
一昔前に、融通無碍な合切袋として角型2号封筒が流行した。書類やら写真やらフロッピーディスクやら薄手のモノなら何でも投げ込むことができる、持ち運びがしやすい、安価である、袋自体に書き込みできる、というふれこみだった。その電子版だと思えばよろしい。
posted by ikuboh at 12:55| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

ヴィトンを背負う女

ブランドイメージを背負って立つトップモデル……の話ではありません。

中高生がよくpumaなんかのボストンバッグの持ち手を両肩に通してリュックサックみたいに背負っていますが、今日ヴィトンのバッグをそうして背負っている女性を見かけました。GパンにTシャツという簡素な服装に、そのスタイルは印象的でした。

posted by ikuboh at 22:09| 日記 | 更新情報をチェックする

荒川静香が女優デビュー

七人の弁護士」 というTVドラマで検事役を演じるらしい。……などと、荒川静香というキーワードが含まれると、アクセス数が増えるようなので試してみる。
posted by ikuboh at 02:50| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

事件は会議室で起こる

DVDで「スパイゲーム」という映画を観た。

米国映画の愉しみの一つはホワイトカラー族の権謀術数を観戦することである。主人公の渋〜いロバート・レッドフォードはCIAの会議室でお偉方を相手にすっとぼけた演技をしながら、中国の刑務所に囚われた部下ブラッド・ピットを救出する。最大の敵は会議室で目の前にすわっている、という面白い映画である。
posted by ikuboh at 21:38| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

荒川静香の動画

相変わらず、にわかマニアですが、YouTubeという動画ポータルサイトがあるんですね。 これまた著作権まわりがグレーなアングラサイトです。安藤美姫の4回転も観ることができました。

posted by ikuboh at 23:36| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

いびつな四叉路

いちばん鋭角になった三角形の角地は人気がないかと思いきや、そこはそれ、駅に近ければ便利、駅から遠ければ閑静と言い張る不動産屋の営業トークに釣られて、冒険家がそこで商売をした。建物の看板が変わるたんびに敷金やら礼金やら飛び交ったにちがいない。まるで不具合が多くて世話が焼けるほど飯のタネになるIT業界のようじゃないか。

初めて見たとき、そこは不動産屋だった。次は居酒屋だった。そもそも不動産屋の店舗って、やはり別の不動産屋を仲介して借りていたのだろうか。いや自前の不動産だけれど、あまりにも儲からなかったので、貸し店舗に転身したのだろうか。なにはともあれ居酒屋も開店休業状態だった。店の前に椅子を出して、身内らしい人がときどき飲んでいた。

現在、その地が葬儀屋に入れ替わって久しい。葬儀屋ってのは死人のフンドシ……じゃなくて他人のフンドシで相撲をとる商売の最たるものだと思うのだけれど、不動産屋より儲かるのだろうか。

ところで、三叉路という言葉は辞書にあるが、四叉路はないようだ。
posted by ikuboh at 01:56| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

フィギュアスケートはK-1になるのか

「フィギュアスケート・ジャパンオープン2006」のTV放送を観ました。ブームにあやかろうとする企業のアザトイ企画にまんまとのったわけです。録画ビデオのCMカットが大変だ。

荒川選手は解説者デビューですが、もっと喋ってほしかったなぁ。たどたどしく話していたかと思うと、ときどき立て板に水のように技術解説をする。芸術性を重視する彼女にとっては本意ではないかもしれないが、技術解説こそが真骨頂ではないかと思った。新採点法を制した第一人者として誰よりもその資格がある。

posted by ikuboh at 22:29| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

Windowsのデスクトップをキーボードで素早く表示するには

クイック起動に表示されるデスクトップショートカットをデスクトップにコピーして(ややこしい)、そのプロパティの[ショートカットキー]にCtrl+Alt+Dを設定して……なんて手数をかけていましたが、[Windows]+[D]で良いと知りました。トグルもできて便利。
posted by ikuboh at 21:05| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

荒川静香、iPod nanoを買う

日本テレビのニュース「独占 荒川静香 プロ転向の舞台ウラ」で、荒川静香が「アイポッド・ナノ、オリンピックが終わって買いました〜」と嬉しそうに語っていた。そういえばトリノに向けたトレーニングの映像でもジョギングするその二の腕にiPod miniを装着していた。

アップルさん、彼女をコマーシャルに起用したらどうですか。
posted by ikuboh at 00:19| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

余白には意味がある

必要な無駄とも云う。

日経トレンディ2006年6月号」でコクヨのキャンパスノートについての記事を読んだ。
もともとこのスリムサイズは、「ノートを使っていると、ページの右側がどうしても余る」という商品開発担当社員の個人的発見が出発点。裏づけのため高校生のノートを調べてみると、ページの右側に余白がある人が54%もいた。(中略)そうしてできた新サイズを、あえて主力の「キャンパス」ブランドで展開した。「スリムB5を次のスタンダードにしたいと考え、本気度を伝えたいと思った」からだ。
なんとも窮屈な世の中である。余白には追記を可能にするという重要な意味があるのに。
posted by ikuboh at 12:38| 日記 | 更新情報をチェックする