2006年07月29日

現実のタイムスタンプ

新潮文庫の夏が来た。いま読んでいるのは講談社文庫だけれど。

奥付には領収書がはさんである。買った店やら日時やら情報が正確である。記録をとる手間がいらない。臨時の栞としても使える。 だから本をまとめ買いしてはいけない。領収書を一枚しかもらえないからね。

ドラマや小説で、被害者の財布に残っていた領収書から過去の行動記録をたどる場面がよくある。 領収書って現実のタイムスタンプなんだな。

posted by ikuboh at 15:04| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

梅雨だくの日々

 五月の頃から雨が多い。今週は特に、梅雨だくの日々となりそうである。

牛丼屋のつゆだくに掛けてみました。いまだかつて、つゆだくを頼んだことはないのですが。なんだかその勇気がないんだよぅ。

posted by ikuboh at 22:43| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

奥様は魔女

DVDで「奥様は魔女」を観た。もちろんリメイク版。アイリス役の秘密が山椒は小粒でピリリですなぁ。

posted by ikuboh at 19:15| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

Microsoft Virtual PC 2004

Microsoft Virtual PC 2004が無償配布される。ただしホストOSはWindows 2000 Professional Edition ; Windows XP Professional Edition である。

posted by ikuboh at 23:39| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

レジェンド・オブ・ゾロ

 DVDで「レジェンド・オブ・ゾロ」を観た。「Mr.&Mrs.スミス」に引き続き、家庭生活で葛藤するヒーローである。 予定調和な展開だけれど、キャサリン・ゼタ・ジョーンズが美しいので良しとする、というのが大方の見方であるらしい。

posted by ikuboh at 02:02| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

トロン

DVDで「トロン」を観た。二十年以上ぶりだろう。なんとジェフ・ブリッジスが主人公だ。一癖ある演技で全体の単調さを救っている。 もちろん単調とはいっても斬新であることは間違いない。その斬新さを際立たせるには現実世界との対比が足りなかったのではないか。 斬新な映像をずっと観ていると視覚的に疲れるものだ。

posted by ikuboh at 22:03| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

ルパン

DVDで「ルパン」を観た。 奇巌城の実在するモデルが幕開け早々に登場するとやめられなくなる。 指輪をはめた顔なし死体はあまりにも先が読めてしまう。確信犯的な無作為だろう。新解釈のルパンという触れ込みだけれど、なんだかルパン三世に似てるよなぁ。

posted by ikuboh at 19:10| 日記 | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

Mr.&Mrs.スミス

DVDで「Mr. &Mrs.スミス」を観た。「トゥルー・ライズ」、「スパイ・キッズ」、「ミスター・インクレディブル」の系譜か。 米国映画ではモチーフの使いまわし、ふくらまし、ひねりは日常茶飯事である。

posted by ikuboh at 22:28| 日記 | 更新情報をチェックする