2006年06月30日

春の雪

DVDで「春の雪」を観た。

ヒロイン役はもっと線の細い女優がよかった。母親役もイメージとはちがうなぁ、 というか原作では影が薄いので地味な女優にしないと浮いてしまうよ。他の配役は文句なし。蓼科役はハマりまくり。 洞院宮治典王役は意外性がよい。本多役は原作ではもっと知的だったと思うけど、狂言回しとしていい味だしてた。

原作ファンにとっては時代考証が楽しみである。大正時代って、爛熟した明治文化が洗練されていく過程にあって、しかも大震災 (関東圏限定だけど)で一瞬にして風物が破壊されたせいもあると思うのだけど、いちばんイメージしにくい。

posted by ikuboh at 23:00| 日記 | 更新情報をチェックする